Alchymia (MT4)

ALCHYMIAについて

現在、ALCHYMIA EAはエントリーおよび損切処理を行うALCHYMIA本体と決済処理を行うTSという補助EAから成り立つシステムとなっています。

今後、開発ではMT5上でひとつのEA としてALCHYMIAを統合する方針です。

開発方針

ALCHYMIAでは高い収益率を維持したまま、運用リスクを減らすことを目標に開発を進めています。

  • ポジション保有時間の短縮
  • ポジション取得頻度の増加
  • 低Point利確
  • 自動ロット管理(次世代機に導入予定)
  • 市場動向に合わせた取引自粛(次世代機以降に導入予定)

特徴

  • 独自のトレ―リングストップを採用

運用実績

一週間での運用実績(9/4 ~ 9/12)の一例です。

取引回数: 146回 初期資産: 500万円 利益: 3070745円 最終資産: 8070746円

USDJPY, EURJPY, EURUSD: それぞれ5ロット設定

週利 : 61.14% 最大ドローダウン: 5.27% プロフィットファクター: 3.64

ショート勝率: 90.20% ロング勝率: 86.36% 総合勝率: 89.04%

製品保証

動作保証について

  1. 当自動取引プログラムはWindows 上での動作を推奨しており、Macでの文字化けは動作保証外とする
  2. 万が一ポジションを全くとらないなどの初期不良が見受けられた場合には、新しくコンパイルし直したプログラムと交換する

損害補償

当自動取引プログラムは運用開始より7日間に限り、損害補償期間を設けております。運用開始から7日間の決済されたポジションの合計利益がマイナスだった場合、その損失分を全額補償するものです。詳しくは別紙の自動取引プログラム保証書にてご確認ください。

損害補償適応条件

  1. 当自動取引プログラムの損害補償期間は運用開始より7日間である
  2. 運用開始から7日間の決済されたポジションの合計利益がマイナスだった場合、その損失分を全額補償するものとする
  3. 損害補償期間内の保有ポジションの含み損は補償の対象外とする
  4. 運用開始7日目以降の運用は自己責任とし、7日目以降の損害は当方の損害補償の範囲外である
  5. XMVPS以外での運用は損害補償の対象外とする
  6. 手動でのポジション取りやポジション決済を含む取引操作がなされた場合一切の損害補償は行わないものとする
  7. 当プログラムのコピーや再配布などを含む不正利用が確認された場合一切の損害補償は行わないものとする
  8. 損害補償の申請を受けた場合、当方のサーバー上で動作するプログラムとお客様の取引履歴を照らし合わせ、保証が適応されるかの判断をし、その結果を追って通告するのもとする
  9. 保障はその時のレートで日本円で行われるものとする